いまここにあるもの

OLYMPUS党員のBROMPTON乗り。そしてアニメや映画好きのオタクが管理する闇鍋ブログです。調子が悪いと文章が破綻します。旧ブログはこちらに移管しました→https://otaku4160.hatenablog.com

┃┣ 外画(2011年~2020年)

『ANON アノン』(2018年) -★★☆☆☆-

『ガタカ』や『TIME/タイム』などSFに定評のあるアンドリュー・ニコル監督の『ANON アノン』をアマプラで鑑賞。 人間の個人情報や視覚データ、果ては思い出まで閲覧できるようになった近未来。プライバシーの消失と引き換えに犯罪行為は即座に暴かれ冤罪も無…

『THE GUILTY/ギルティ』(2018年) -★★★★☆-

安定と安心のサンダンス映画祭で絶賛されたデンマーク発の極上スリラー『THE GUILTY/ギルティ』のリメイク版が来月からNETFLIXで配信されるので、その前にオリジナル版をチェックする。 緊急通報司令室のオペレーターのもとに掛かってきた1本の電話。最初は…

『バッドボーイズ フォー・ライフ』(2020年) -★★★☆☆-

前作から17年のブランクに「ボーイズ」を名乗るには年を取り過ぎた主演の2人。止めのマイケル・ベイ降板から無名監督の起用と不安要素しかなかったにも関わらず、大方の予想に反し大成功を収めた『バッドボーイズ』シリーズ第3弾がアマプラに加わったので鑑…

『ブラッドショット』(2020年) -★★★☆☆-

『ワイルド・スピード』の最新作が全世界でウルトラメガヒット中のヴィン・ディーゼル主演のアメコミ映画『ブラッドショット』がアマプラに上がったので鑑賞。 肉体を修復するナノマシンを注入されこの世に蘇った元軍人が妻を殺した連中に復讐を開始するんだ…

『ファイナル・スコア』(2018年) -☆☆☆☆☆-

『アーミー・オブ・ザ・デッド』が微妙だったので口直しに同じデイヴ・バウティスタ主演で、そこそこ評判の良い『ファイナル・スコア』を鑑賞。 『ダイ・ハード』の焼き増しと揶揄されているが、それはドウェイン・ジョンソンの『スカイスクレイパー』の方で…

『エンド・オブ・ステイツ』(2019年) -☆☆☆☆☆-

ジェラルド・バトラーの当たり役となった「エンド・オブ・シリーズ」の三作目がネトフリに来たので鑑賞。これまで幾度となく大統領の危機を救って来た凄腕警護官マイク・バニングが国家反逆罪の濡れ衣を着せられるという筋書きなのだが、あまりに稚拙かつ時…

『ライリー・ノース 復讐の女神』 (2018年) -☆☆☆☆☆-

疑わしきは罰しない腐った司法も、信じる者を救わないインチキ宗教もクソ食らえ!!ってな感じで、自らの手で最愛の娘と夫の無念を晴らすべくクズどもに正義の鉄槌を下す怒れる母親のリベンジアクション。 テンプレな設定を如何に味付けし魅力的に魅せるかが、…

『PROSPECT プロスペクト』(2018年) -★★★☆☆-

日本ではwikiすら作られない程度の知名度ながら海外ではそれなりに話題となった『PROSPECT プロスペクト』がアマプラに来ていたので鑑賞。 時代設定が不明な未来のどっかの惑星で訳ありっぽい父娘が貴重らしい鉱物の採掘を請け負っているという導入部から幕…

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』(2019年) -★★★☆☆-

かつてジャッキー・チェン主演のコレジャナイ実写版もあった『シティハンター』が、まさかのフランスで再実写化。 物語の舞台から登場人物までおフランス仕様になっているのだが、キャラクターのビジュアルや小道具、「もっこり」から「例のカラス」まで、「…

『この茫漠たる荒野で』(2020年) -★★★☆☆-

トム・ハンクスとポール・グリーングラス監督が『キャプテン・フィリップス』以来、久し振りにタッグを組んだNETFLIX映画『この茫漠たる荒野で』を鑑賞。 西部開拓時代のアメリカを舞台にトム・ハンクス演じる退役軍人がインディアンに育てられた少女を親類…

『ALONE アローン』(2018年) -★☆☆☆☆-

離婚問題に端を発した真偽不明のスキャンダルで出演作を降板に追い込まれるなど今現在ジョニー・デップの二の舞を演じているアーミー・ハマー主演の『アローン』がアマプラでの無料配信期間が終了するとの事で鑑賞。 「荒野の真ん中で地雷を踏んで動けなくな…

『ヘルボーイ』(2019年) -★☆☆☆☆-

賞が取れるガチオタことギレルモ・デル・トロが監督し好評を博した前2作からスタッフ・キャストを総入れ替えしてリブートしたにも関わらず全ての面で不評だった『ヘルボーイ』がアマプラに来たので鑑賞。 原作ファンに言わせればデル・トロ版もイメージにそ…

『1917 命をかけた伝令』(2019年) -★★★☆☆-

傑作『スカイフォール』と、微妙だった『スペクター』のサム・メンデスが007後に監督した話題作が、まさかのアマプラ入りしたので鑑賞。 第一次世界大戦を舞台にドイツ軍の待ち伏せ作戦を最前線の連合国軍に伝える任務を与えられた2人の兵士の姿を最新の映像…

『ジェミニマン』(2019年) -★☆☆☆☆-

ジェリー・ブラッカイマー制作×アン・リー監督によるウィル・スミスW主演でウィル・スミスとウィル・スミスが激突するウィル・スミス好き垂涎のウィル・スミス映画『ジェミニマン』がネトフリにしれっと追加されたので鑑賞。 この作品、4K・120fpsのハイフレ…

『ハンターキラー 潜航せよ』(2018年) -★☆☆☆☆-

第4弾の制作がスタートするなど安定してヒットを飛ばしている『エンド・オブ』シリーズのジェラルド・バトラーが潜水艦の艦長に扮した『ハンターキラー』がアマプラに来たので鑑賞。 「潜水艦映画に外れ無し」と言われて久しいですが、米国との全面戦争を目…

『ハッピー・デス・デイ』(2017年) -★★★☆☆-

多方面にケンカを売りまくる性悪ビッチが何者かに殺される誕生日を繰り返す、名作の宝庫ループもの×青春ドラマ×サスペンススリラーをMIXした『ハッピー・デス・デイ』を鑑賞。 劇中でもネタにされる『恋はデジャ・ブ』や、お面のデザイナーが同じ『スクリー…

『TENET テネット』(2020年) -★★★☆☆-

『ダンケルク』以来、3年ぶりとなるクリストファー・ノーラン監督最新作にして、COVID-19で困窮する映画館を救う起爆剤としても注目の本作は、各所でその難解さが話題になっておりますが、私は「情報量の多さに混乱するだけ」でそこまでハードルを上げる必要…

『プロジェクト・パワー』(2020年) -★★☆☆☆-

ジェイミー・フォックスと子育て優先で俳優業を控えていたジョセフ・ゴードン=レヴィット共演のネトフリ映画『プロジェクト・パワー』を鑑賞。 飲むと5分間だけ超人になれるドラッグを巡る主人公一行と犯罪組織の戦いを描いたお話で、それ以上の事は起こらな…

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019年) -★★★★★-

ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の『BRICK ブリック』や大友克洋リスペクトな『LOOPER/ルーパー』で名を上げたライアン・ジョンソン監督が、前作『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の汚名を濯ぐべく手掛けた『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密…

『search/サーチ』(2018年) -★★★★☆-

出演者の怪我やCOVID-19の所為で完成の目途が立たない実写版『カウボーイ・ビバップ』でスパイク・スピーゲル役を担当するジョン・チョウ主演の『search/サーチ』がネトフリに来たので鑑賞。 癌で妻を亡くした主人公が突如失踪した最愛の一人娘を探し出そう…

『マイル22』(2018年) -★☆☆☆☆-

手を変え品を変えタッグを組みまくるピーター・バーグ監督×マーク・ウォールバーグ主演の『マイル22』がネトフリに来たので鑑賞。 マーク・ウォールバーグ演じる米国諜報員の実動部隊が、『ザ・レイド』の活躍でハリウッドからも引っ張り凧のイコ・ウワイス…

『バード・ボックス』(2018年) -★★☆☆☆-

当たり外れの激しいネトフリ作品にあって評判の良い『バード・ボックス』を鑑賞。『ドント・ブリーズ』『クワイエット・プレイス』など「音を出したら即死」映画に続く「直視したら即死」映画。 キービジュアルの印象から親子のサバイバルを淡々と描く物語か…

『リディバイダー』(2017年) -★☆☆☆☆-

『ハードコア』や『悪女/AKUJO』などVRムーブメントに乗っかって一時期盛んに作られた主観映像を売りにした映画の1つ『リディバイダー』がアマプラに来たので観る。 世界を複製し、そこから無尽蔵にエネルギーを供給しようとしたら「そんなうまい話は無いぞ…

『最後の追跡』(2016年) -★★★☆☆-

『ボーダーライン』『ウインド・リバー』などアメリカが抱える諸問題をテーマにした作品で知られるテイラー・シェリダン脚本の『最後の追跡』を鑑賞。 ある目的の為に銀行強盗を繰り返す兄弟と、それを追うテキサス・レンジャーの姿を描いた犯罪ドラマ。 日…

『クロール -凶暴領域-』(2019年) -★★★☆☆-

タイトルだけ見れば「午後ロー」まっしぐらなC級映画なのだが、評価が高く興行的にも成功を収めた低予算アニマルパニック映画『クロール -凶暴領域-』をアマプラで鑑賞。 巨大ハリケーンが接近し水没しつつある町で確執のある父と娘(と愛犬)がワニを相手にサ…

『オールド・ガード』(2020年) -★★☆☆☆-

古の時代から歴史の裏で人々を救ってきた不老不死の軍団が、その謎を解明して金儲けしたいマッドな製薬会社の連中とひと悶着する、グラフィックノベル原作のネトフリ映画『オールド・ガード』をチェック。 開始早々、観光客の自撮りにたまたま写り込んだ姿は…

『イコライザー2』(2018年) -★☆☆☆☆-

『トレーニング デイ』のアントワン・フークアとデンゼル・ワシントンが再びタッグを組みスマッシュヒットを記録した「アメリカ版 必殺仕事人」こと『イコライザー』の続編がネトフリに来たので鑑賞。 ホームセンターの店員から運転手に転職し、様々な乗客の…

『レディ・ガイ』(2016年) -☆☆☆☆☆-

男臭い映画で一世を風靡したウォルター・ヒルが、男勝りなミシェル・ロドリゲスに性転換させられた男の殺し屋を演じさせた新堂エル先生もビックリなTSF映画『レディ・ガイ』を鑑賞。 顔だけでなく体にまで特殊メイクを施し男時代の姿をフルチンで演じる気合…

『悪女/AKUJO』(2017年) -★☆☆☆☆-

カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にも出品された『ジョン・ウィック』シリーズのジョン・スタエルスキ監督お気に入り映画『悪女/AKUJO』がアマプラに来たので鑑賞。 物語はフィアンセの命を奪った組織を1人で壊滅させた女殺し屋が、その能力を買われ…

『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』(2020年) -☆☆☆☆☆-

雨でどこも行けなかったので『ラストキング・オブ・スコットランド』のパチモン臭い名前のネトフリオリジナル映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』を取り敢えずチェックしたら、長ったらしいタイトルに違わぬグダグダ展開で途中から観る気が失…