いまここにあるもの

カメラとか自転車とかアニメとか映画なんかが好きなオタクが管理する闇鍋ブログです。調子が悪いと文章が破綻します。旧ブログはこちらに移管しました→https://otaku4160.hatenablog.com

▼本

比村奇石 「月曜日のたわわ その10」[青版] (講談社・プレミアムKC)

SNSで発売告知を目にしていたはずが書店に行かず10日遅れで購入となった商業版『たわわ』その10。 表紙は後輩ちゃんで、きちんと猫耳エピソードもあるのだけど、比率で言えばチアちゃん巻で初手リンパマッサージという体で乳を揉みしだかれ絶頂していて一線…

内藤泰弘 「血界戦線 Beat3 Peat2 -スティーブン・スターフェイズを奪還せよ-」 (集英社)

タイトルと巻数が分かり難い事で同じみ?内藤泰弘さんの『血界戦線』新刊を読む。 一巻目から登場していたダイナーを切り盛りする父娘にスポットを当てた「ダイアンズ ダイナー ラプソティ」、スティーブンとチェインの距離が急接近する「スティーブン・スタ…

「夢はクジラにのって。-藤岡建機イラスト・デザイン集-」(玄光社)

去年暮れに発売され買い逃していた藤岡建機さんのイラスト・デザイン集の増刷版がアニメイトに置いてあったので入手した私です。「コロコロコミック」ではなく「コミックボンボン」派だった私の青春の1ページである『メダロット』の派生マンガ『メダロッター…

コトヤマ 「よふかしのうた (20)」(小学館)

先頃本誌連載で完結した『よふかしのうた』最終巻が早くも単行本化。 夜に生きる人々との群像劇になったかと思えば、吸血鬼ハンターとの一悶着があったり、身体能力強化でバトルマンガ化したりもしたけど、最終的に「吸血鬼の少女」と「不登校の少年」のボー…

コトヤマ 「よふかしのうた (19)」(小学館)

本誌連載では最終回を迎えた『よふかしのうた』だが当方、単行本勢なのでネタバレをシャットアウトしラストスパートの19巻を読む。 再び学校に通いはじめ同級生と「昼」に過ごす時間が増えたコウと、「夜」に生きる吸血鬼のナズナのすれ違い。距離感が狂い、…

とらのあな通販で取り寄せたC103新刊など

C103で買い逃した本を秋葉原まで出向いて購入する事すらしなくなった私です。取り敢えず「とらのあな」の通販で発注したが繫盛期なので1週間以上経ってようやっと届いた。 開封したら「とらのあな出張所」のチラシが入っていたが「あなたの街で営業中!」と言…

C103戦利品備忘録

午前入場の参加証を買いそびれるというダメムーブで馳せ参じたC103の戦利品備忘録。(重複購入防止の為で、それ以上でもそれ以下でもない) 午後入場でもアパレル以外は安心して買えるm.m.m.の新刊セット。三輪士郎さんはめっきりFate関連絵師になられてしまっ…

広江礼威 『BLACK LAGOON』 第13集 (小学館・サンデーGXコミックス)

忘れた頃にやってくる『ブラック・ラグーン』最新刊。2年ぶりという事で前巻を引っ張り出してどこで誰が何をやっていたか思い出すところから始めるパターン。例によって今回から電子書籍に移行したので、その辺り今後は楽に復習できるようになると思いたい。…

比村奇石 「月曜日のたわわ その9」[青版] (講談社・プレミアムKC)

チアちゃん本作参戦の『月曜日のたわわ』その9。「商業版」は全体的に「同人版」からキャラがはっちゃけ傾向なのだが、チアちゃんもこんなサバサバした娘だったっけか?。 幼馴染(男)との距離感バグってるし、彼に対して恋愛感情無くなってるし、前髪ちゃんと…

和月伸宏 「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編- (9)」(集英社)

気付いたら月頭に発売されていた『るろ剣』北海道編第9巻を遅ればせながら電子書籍で買って読んだ私です。 五稜郭で暴れ回る「劍客兵器」を鎮圧すべく「剣心組」と「十本刀」が混合チームを結成する夢の展開!。 特に左之助&安慈・剣心&宗次郎の共闘がエモ過…

コトヤマ 「よふかしのうた (18)」(小学館)

主人公の親友が惚れたお姉さん吸血鬼と心中するという少年マンガとしてはかなり攻めた衝撃の展開を経て、新章に突入した『よふかしのうた』第18巻を今回も電子書籍で購入。 先日完結するというニュースが流れてきて驚いたのですが、話数的には全200話・コミ…

CHOCOさんと村田蓮爾さんの新刊が届いた。

「とらのあなって昔は実店舗が各地にあったんだぜ」というオタク老人会トークが成り立つ日も遠くなさそうな今日この頃。まぁ「出張所」と称した間借り店舗は増やしているようだが東京(池袋店は出張所じゃないので除外)や神奈川は0店舗なのに、栃木に2店舗・…

アヤベさんisSUKIとたわわといろいろな何か

世間的には夏休みが終わるそうですが、関係ない私は昨日仕入れてきた薄い本を読む。 夏コミ会場で買い逃した「アドマイヤベガが好きすぎる人」こと「雪星こころ」さんのニュースに映ったらしい『ウマ娘』本。 webで公開されたクールなアヤベさんと、彼女の事…

C102の戦利品備忘録。

午前中は晴れていたので「コミケパワーすげぇ…」と思ったら午後はゲリラ豪雨になったらしいコミケ2日目は仕事で行けなかった私です。両日合わせて26万人来場したらしく前回比で8万人増と、そりゃ混雑してるわけだ…。 今宵は「ペルセウス座流星群」の極大なの…

比村奇石 「月曜日のたわわ その8」[青版] (講談社・プレミアムKC)

暑中見舞いたわわその8。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createE…

コトヤマ 「よふかしのうた (17)」(小学館)

新刊が発売されたのは知っていたが、なかなか買いに行く機会が無くて結局『血界戦線』に続いて電子書籍での購入にシフトした『よふかしのうた』その17。 修学旅行編最終回という事で、マヒルとキクの逃避行の結末は如何に?だったんだけど、いやまさかこうな…

内藤泰弘 「血界戦線 Beat3 Peat1 -崩落都市2.99-」 (集英社)

第3シーズンに突入した『血界戦線』原作コミック最新刊を購入。画像で分かるように前巻までは紙媒体で入手していたが、切りが良いので電子書籍に移行してみた。 古い人間なもんで未だに現物主義なのだが、漫画は巻数が多くなると過去巻を引っ張り出すのが面…

コトヤマ 「よふかしのうた (16)」(小学館)

夜更かし続けて第16巻。金田バイク・スライドブレーキや、暗闇で尾を引くテールランプ、フロントライトで照らされる人物など、謎の『AKIRA』オマージュカットが目を引く今巻は、CVは能登麻美子さんor早見沙織さんor上田麗奈さんで勝手にキャスティングしてい…

ヤスダスズヒト Creator’s Book 絵と言葉の記録 (講談社)

イラストレーターであり漫画家としても活躍する、ヤスダスズヒトさんのクリエイターズブックが出たので買ってきた私です。 「クリエイターズブックとは何ぞや?」って感じですが、一応イラストも載ってるけど画集と呼べるほどのボリュームはなく、お仕事メイ…

比村奇石 「月曜日のたわわ その7」[青版] (講談社・プレミアムKC)

「憂鬱な月曜日に一服の清涼剤を!」ということ事で商業版『月曜日のたわわ』その7が売ってたので買ってきた私です。 今回は去年掲載分で季節先取り水着巻。爽やかな海水浴エピソードもつかの間、清涼剤というにはあまりにも脳内ピンクなアイちゃんと前髪ちゃ…

コトヤマ 「よふかしのうた (15)」(小学館)

某剣客マンガよろしく「北海道編」に突入した小学館漫画賞受賞したてホヤホヤな『よふかしのうた』その15。 【『#よふかしのうた』第15巻は明日3月16日ごろ発売! #コトヤマ 先生描き下ろしイラスト特典あります!!】最新第15巻を画像の書店でご購入いただくと…

念願の「100日CB」をGET。

買い逃していた「ミスターシービーが好きすぎる人」こと、たろうまるさんのミスターシービー本がゲーム実装記念か分からんけど再販されたので今度は抜かりなく予約購入した私です。 自由奔放なCBと彼女に振り回されるトレーナーの日常にニヤニヤが止まらんし…

和月伸宏 「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編- (8)」(集英社)

もっと短期で終わるかと思ったら歴代エピソードで最長化しつつある「北海道編」その8。前巻から引き続き劍客兵器「雹辺双」との戦いなのだが、阿部のガン=カタに花を持たせるのかと思えば永倉さんが美味しいところを全部持っていって涙目。元々この作品は敵…

とらのあな通販でC101新刊+αを取り寄せた話。

先日、秋葉原まで出向いたけど、とらのあなのポイントが近々失効するので、その更新も兼ねて通販を利用した私です。 タイトル詐欺と言われるかもだけどC101新刊はCHOCOさんのメリュジーヌ本「カルデアエミッションII」のみ。百合本ぽい表紙の 「月曜日のたわ…

伊藤明弘 「ワイルダネス 第8集」 (小学館)

ガンアクションマンガのマエストロ 伊藤明弘さんの『ワイルダネス』第8集を1ヵ月遅れで入手し読了した私です。 マフィアの抗争に巻き込まれ異国の地で追われる身となった3人の日本人が繰り広げるガンアクションとなっており、前巻からなんと13年ぶりの新刊で…

C101の戦利品あれこれ。

大晦日から元日に掛けて動き回ったので本日は死んでいた私です。明日から本気出すので、今日はコミケの戦利品を晒して茶を濁す。 おこたんぺこは既刊が放出されたので未入手分を確保しようと思ったのに全滅で、あとがきが更新された「SE編」しか買えなかった…

コトヤマ 「よふかしのうた (14)」(小学館)

新章に突入した『よふかしのうた』は夜守コウ(と愉快な仲間たち)修学旅行へ行くの巻。前巻から引っ張った割に夜守の母ちゃんは普通に理解のある保護者で拍子抜け。ついでに息子を訪ねて見ず知らずの美女が来てもすんなり受け入れる器量の持ち主である。 さて…

比村奇石 「月曜日のたわわ その6」[青版] (講談社・プレミアムKC)

疲れたあなたに『月曜日のたわわ』その6。表紙は全国の巫女&弓道女子好きお兄さま必見のジト目ちゃんが満を持して登場。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c…

八王子まで買い物に行った話。

[OM SYSTEM OM-1+M.ZD 12-100mm F4.0 IS PRO:絞り優先オート] 予報だと午後から晴れるという話がったが、ちょいと日が射しただけだった火曜日。天気が好ければ鎌倉まで今年ラストの紅葉狩りにでも行こうと思っていたのだが、パッしないので代替案としてpay…

コトヤマ 「よふかしのうた 公式ファンブック」(小学館)

アニメがかなり中途半端なところで終わってしまった『よふかしのうた』のファンブックが売っていたので購入。 内容の7割は原作の「おさらい」的な人物紹介or物語の振り返りなんで原作勢としては新鮮味無いし、アニメから入った人が読むにしても先のネタバレ…