いまここにあるもの

カメラ・自転車・アニメ・映画好きのオタクが管理する闇鍋ブログです。調子が悪いと文章が破綻します。旧ブログはこちら→https://blogs.yahoo.co.jp/otaku4160

2019年春終了アニメあれこれ。

万策尽きた作品は無かったと記憶しているのですが炎上したりバズったりパロディやったら販売と配信が停止したりどんどんカオスになってる気がする私です。

視聴作品はゴリゴリ削ってながら見を含め
ブギーポップは笑わない』『私に天使が舞い降りた!』『revisions リヴィジョンズ』『ガーリーエアフォース』『五等分の花嫁』『デート・ア・ライブⅢ』『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』『えんどろ~』『荒野のコトブキ飛行隊』『賭ケグルイ××』『マナリアフレンズ』『ソードアート・オンライン アリシゼーション』『とある魔術の禁書目録Ⅲ』の13本。

f:id:otaku4160:20190408011346j:plain

今回終わった作品の中で悪い意味で一番気になったのが『禁書Ⅲ』の劣化っぷり。
そもそも原作が長編かつ複雑過ぎるというのもあるとは思うが、それにしたって作画・演出・脚本全てが低レベルでただただ悲しくなりました。
映像がダメなら画面を見ずに声優さんの演技に集中しようとしても、今度は改悪した「幻想殺し」のSEでどっ白け。
替えるにしても、あんなF1の通過音を選ぶとか、その時点でセンスが終わってる。
フルメタ』と同じパターンで久し振りの新アニメだったのに、どうしてこうなった?。
もうスタッフ一新して最初からアニメ化し直して欲しいですわ。

f:id:otaku4160:20190408011343j:plain

『禁書Ⅲ』に比べ放送枠や製作費的に優遇されていると思われた『SAO』も、これまでのアニメシリーズに比べ間延び感が酷く終始グダグダな印象を受けました。
原作がどういうペースでやってるか知りませんが、あの程度の内容をやるのに2クールとか絶対要らないでしょ?。
丁寧に描いたと言えば聞こえはいいですが、雑魚キャラとの決闘に実質1話。レ●プ未遂のシーンに1パート。更に丹下桜さんのキャラをいたぶるのにほぼ1話と、ダイジェスト展開の『禁書Ⅲ』とは逆の意味で酷い構成。
最近悪女役が板に付いてきた坂本真綾さん声のラスボスが3週ほど全裸で威張りくさってたのには草しか生えません。
最終回と言いつつ10月から次のシリーズが控えているのですが、この辺りが改善される事を切に願います。

f:id:otaku4160:20190408011345j:plain

残念な事が多いラノベ原作アニメですが伝説とも言える『ブギーポップは笑わない』は放送前のいざこざを考えれば丁寧に作られていて好印象でした。
クオリティは良い回と悪い回のギャップが激しかったけど「夜明けのブギーポップ」は映画のような余韻があったし、ポイントポイントのエピソードは登場人物の心の機微を丁寧に描く素晴らしいアニメーターさんが担当していて、メリハリの付け方がとても上手かったと思います。
尺の都合で割愛している部分があったとは言え、ちゃんとアニメという表現で原作の魅力を再現しようというスタッフの気概が伝わってきて個人的には大満足です。

f:id:otaku4160:20190408011433j:plain

タイミング的に『コードギアス』の新作と同時進行だったと思われる谷口悟朗監督の完全オリジナル作品『revisions リヴィジョンズ』は、悪くはないのですが1クール故にそこまで世界観の広がりや盛り上がりが無かったというのが率直な感想です。
展開も王道でロボットアニメ?らしい大団円に持って行ったのですが、時間移動とか並行世界とか出てくる割に落としどころに意外性が無くて拍子抜け。
しかもあの「続編があったらいいなぁ~」と言わんばかりのエピローグもちょっとねぇ…(;一_一)
身勝手極まりない主人公の改心の切っ掛けも結局は仲間の犠牲というお約束だったし、そもそも敵の目的自体過去に戻る技術があるなら最初から病気を根絶する方に使えよと思わざるを得ない。
きっと「主人公の言動がムカつく」と視聴を打ち切った人も多かったろうし、そういうところのバランスを含め、なんだか勿体無い作品でした。

f:id:otaku4160:20190408011430j:plain

ガルパン』と違って総集編や延長戦にはならなかった水島努監督の『荒野のコトブキ飛行隊』。
完全にアプリ販促アニメだったけど横手美智子さんの脚本力と個性と魅力が大洪水なキャラクター。
そして毎回用意された拘りの空戦シーンで十二分に楽しむことが出来ました。
レシプロ機とジェット機の対決は『D-RIVE!!』、震電との闘いは押井守監督の『スカイクロラ』を見返したくなること請け合い。

終盤明らかになった現実世界との繋がりなど膨らませれば2クール余裕で行けそうですが、今のご時世なかなか難しいのでしょうねぇ…。
しかし、ちゃんとアプリと同時展開しただけ某『ウマ娘』より立派だと思います。
あっちはアニメの出来が素晴らしかったのに未だにサービス開始してないですからね。
サイゲってそっちの会社なのに何やってんのさ?。

f:id:otaku4160:20190408011426j:plain

恐らく今期1番のダークホースだったと思われる『かぐや様は告らせたい』。
誰もが驚き、そしてバズったアニソン界期待の大型新人(笑)が歌うOPソングや、たった1話だけの1人原画による超絶ぬるぬるEDアニメーションなど、本編以外でも多くの話題を提供してくれました。
今後オファーが増えそうな青山穣さんの軽快なナレーションと若手中心のメインキャストの演技合戦も相乗効果で凄い事になってたし(かぐや役の古賀ちゃんも素晴らしかったけど石神役の鈴木くんの演技が嵌り過ぎてヤバかった)、それに負けじとスタッフも作画や演出で応戦していて倍々ゲームで面白くなったのは良作の証拠。

今後意味不明な実写版が控えていますが『賭ケグルイ』よろしく、それがアニメ第2期の足掛かりになってくれれば万々歳です。