いまここにあるもの

OM-D遣いのBROMPTON乗り。そしてアニメや映画好きのオタクが管理する闇鍋ブログです。調子が悪いと文章が破綻します。旧ブログはこちらに移管しました→https://otaku4160.hatenablog.com

2021年夏アニメ新番あれこれ。

早い作品は既に5話くらいまで進んでいるけど、オリンピック編成の所為で一部作品の放送が遅れたので今更アップする。

取り敢えずチェックしたのは『カノジョも彼女』『ぼくたちのリメイク』『魔法科高校の優等生』『かげきしょうじょ!!』『探偵はもう、死んでいる。』『現実主義勇者の王国再建記』『死神坊ちゃんと黒メイド』『チート薬師のスローライフ異世界に作ろうドラッグストア~』『月が導く異世界道中』『小林さんちのメイドラゴンS』『白い砂のアクアトープ』『迷宮ブラックカンパニー』『D_CIDE TRAUMEREI THE ANIMATION』『ラブライブ!スーパースター!!』『出会って5秒でバトル』『NIGHT HEAD 2041』『女神寮の寮母くん。』『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 2nd SEASON -覚醒前夜- 』『ジャヒー様はくじけない!』あたり。

例によってマンガ・ラノベ・ソシャゲ原作が幅を利かせ、設定も配役も既視感だらけで心摑まれる作品が少なかったというのが率直な感想。
前クール辺りから一部作品のテンション感や登場人物の言動が痛々しくて見てられなくなってきたのだが、それは単に私が年を取ったからだろうか?。

f:id:otaku4160:20210808025014j:plain

赦すまじき凶行によって延期を余儀なくされていた『小林さんちのメイドラゴンS』が満を持して放送開始。

良い意味で一期と変わらない雰囲気で戻って来たんだけど、多くのスタッフを喪ったあの出来事を経てここまで辿り着くのがどれだけ大変だったを考えると、コメディ作品なのに否応なくセンチな気分になってしまった第1話。
しかもメインスタッフのクレジットやコンテに武本康弘監督の名前があるのは、もう、ね…。

性癖が歪む属性過多な新キャラのイルルが加わりつつ今日も変わらぬ小林さんちのドタバタ劇。
変わらない事の素晴らしさ。
こういうのでいいんだよ、こういうので…。

f:id:otaku4160:20210808021732j:plain

次々と現れる新鋭制作会社に押されめっきり存在感が薄れてしまったP.A.WORKSの虎の子「お仕事アニメ」最新作『白い砂のアクアトープ』。
ひょんな事から出会ったアイドルの夢を諦めた少女と、「さかなクン」ならぬ「さかなチャン」な魚オタクの女子高生が、閉館間近の水族館を立て直す為に奮闘するというお話。

1話からクオリティを含め久し振りに「良いP.A.WORKSだな」という印象で、最新話まで観た感じ群像劇としても上々で、清く正しく美しくて尊い少女同士の百合交流も実に眼福。

不穏なEDや意味ありげな伏線を含め、今後のドラマ的な盛り上がりにも期待したい。

f:id:otaku4160:20210808030723j:plain

オリンピック編成の所為か、あの『マギレコ』を超えて最遅でスタートした『ジャヒー様はくじけない!』。
某『はたらく魔王さま!』よろしく、人間界に落ちた魔界NO.2の極貧生活というこれはこれでテンプレなんだけど、ゴチャゴチャした設定やキャラ盛り盛りな作品が多い中、シンプルイズベストな作風が思いのほか観易くて驚いている。

大空直美さんのクソガキボイス(誉め言葉)が光るジャヒー様や、茅野愛衣さんの包容力しかない店長。
口うるさい日笠さん演じる大家とか、2話で加わったアホでドMな花澤さんの元部下など、冒険してないと言えばそれまでなんだけど、あるべきところにあるべきものが収まってる感じが心地よく、何気に今期次回が楽しみな作品の筆頭だったりします。