いまここにあるもの

OM-D遣いのBROMPTON乗り。そしてアニメや映画好きのオタクが管理する闇鍋ブログです。調子が悪いと文章が破綻します。旧ブログはこちらに移管しました→https://otaku4160.hatenablog.com

昼寝用にエアマットを買ってみた話。

雲ってエアコン要らずだった9月初日。
月末恒例Amazonタイムセール祭りのポイントアップキャンペーンの帳尻合わせでエアマットというものを発注してみた私です。

 
最初はちゃんとした日本メーカーのにしようと思ったけど、どの程度使うか分からんし取り敢えず中華製の格安品で様子見。
Amazonにはサクラレビューで評価を盛った商品も多いので、その辺りは自分で精査して選びましょう。

f:id:otaku4160:20200901230636j:plain

私が買った「KOOLSEN」の品は収納ポーチに入った状態でビニール袋にパッケージングされており、若干日本語が怪しい説明書や修理パッチも付属。
1年の保証期間を設けるなど額面通り捉えればまともな会社かなぁ~と思う。

f:id:otaku4160:20200901230633j:plain

ポーチから取り出し結束バンドを外して広げるとこんな感じで横幅は大人一人がギリ寝れる程度。

f:id:otaku4160:20200901230656j:plain
f:id:otaku4160:20200901230700j:plain
f:id:otaku4160:20200901230704j:plain

膨らませるには、まず写真左の二重キャップの逆流防止弁を写真中央の様に穴に嵌め込んで後は空気を吹き込み最後に写真右のように栓をして完了。
物によってはポンプ内蔵のもあったけど、そこが一番壊れそうだったので原始的な息で膨らませるタイプにしました。
空気圧をMAXまで持ってくのにそんなに苦労しないけど、女性はちょっと辛いかも?。

f:id:otaku4160:20200901230653j:plain

膨らませるとこうなる。
部分的な圧力(座るなど)では地面に付いてしまうけど、寝そべるとちゃんと体を支えてくれてちょっと感動。

f:id:otaku4160:20200901230624j:plain

頭の部分は枕になっていて一石二鳥。
洗濯はできないけど水洗いは可能。

◆追記◆
一晩これで寝てみたのですが私には枕の高さが合わず腰が痛くなりました。
こればっかりは使ってみないと分からないし製品の問題ではないので工夫して使って行こうと思います。

先日パネルを敷き詰めたベランダで使ってみたが、もう少し涼しくなればこのまま昼寝できそうな予感。
説明では防水性や耐摩耗性もあるとの事だけどデコボコしたり湿った場所での使い心地は不明。

f:id:otaku4160:20200901230639j:plain
f:id:otaku4160:20200901230642j:plain

片付ける時は二重弁を外せば空気が抜けてしおしおになるので、あとは畳んで結束バンドで止めてポーチに収納して終了。

f:id:otaku4160:20200901230645j:plain
f:id:otaku4160:20200901230650j:plain

災害時の避難所生活や車中泊でも使えるので取り敢えず手元に1つあって損は無さそう。
涼しくなったらベランダでなんちゃって野宿でもしてやろうかな?。