いまここにあるもの

OLYMPUS党員のBROMPTON乗り。そしてアニメや映画好きのオタクが管理する闇鍋ブログです。調子が悪いと文章が破綻します。旧ブログはこちらに移管しました→https://otaku4160.hatenablog.com

ROBOT魂 ガサラキ [SIDE TA] 壱七式戦術甲冑雷電

f:id:otaku4160:20200629001408j:plain
f:id:otaku4160:20200629001412j:plain

超久しぶりにROBOT魂を購入した私です。
(調べたら最後に買ったのは2011年の「エヴァ初号機 覚醒ver.」だった)
物は先日発売された知る人ぞ知る『ガサラキ』の主役機「雷電」でございます。  

いやまさかこんなタイミングでリリースされるとは思ってもみなかった。
作品に何も動きが無いのに出せるなら『天空のエスカフローネ』の「ガイメレフ」もROBOT魂化してくれないかね?。

f:id:otaku4160:20200629001836j:plain

ちなみに『ガサラキ』とは監督に『装甲騎兵ボトムズ』の高橋良輔さん。
副監督は本作のメカ設定などを発展させ後に『コードギアス』を制作する谷口悟朗さん。
シリーズ構成に野崎透さん、キャラクターデザインに村瀬修功さん、メカニックデザイン出渕裕さんと荒牧伸志さん、音楽に蓜島邦明さんなどを迎え、後の中東情勢を予言した「ミリタリー」と「政治」と「能」を混ぜ合わせた異色のロボットアニメ。

超絶泥臭くてハードで難解な内容でありながら「日朝」というとんでもない時間帯に放送されていたのが、夕方放送の『エヴァ』と並んで衝撃的でした(苦笑)。

f:id:otaku4160:20200629001415j:plain

ブリスターパックはこんな感じ。
パーツがめっちゃ多い。

f:id:otaku4160:20200629012452j:plain

他に「取扱説明書」と「機体番号シール」が同封されています。

f:id:otaku4160:20200629001418j:plain
f:id:otaku4160:20200629001422j:plain

高橋良輔監督作品の「コンバットアーマー」や「アーマードトルーパー」の流れを汲む「タクティカルアーマー」。
全高4mちょいというサイズ感はパワードスーツといった方が相応しいかも?。

f:id:otaku4160:20200629001427j:plain
f:id:otaku4160:20200629001431j:plain

寸胴ですが腰はスイングが可能で、脚部は設定どおり膝と踵の伸縮機能が再現されています。

f:id:otaku4160:20200629001434j:plain
f:id:otaku4160:20200629001438j:plain

近年のガンプラもそうですが可動範囲が恐ろしく広く、肩も引き出せば腕を組む事も可能で驚かされた。

f:id:otaku4160:20200629001445j:plain
f:id:otaku4160:20200629001448j:plain

着座体勢の兵器感が素晴らしい。

f:id:otaku4160:20200629001452j:plain
f:id:otaku4160:20200629001455j:plain

頭部のキャノピーと、背部のコックピットハッチは展開可能。
パイロットフィギュアが付属しないのが残念。

f:id:otaku4160:20200629001515j:plain
f:id:otaku4160:20200629001511j:plain

「25mm機関砲」と「ミサイルランチャー」。

f:id:otaku4160:20200629001519j:plain
f:id:otaku4160:20200629001523j:plain

パーツ差し替えで「グレネードランチャー」と「スモークディスチャージャー」。

f:id:otaku4160:20200629001504j:plain
f:id:otaku4160:20200629001508j:plain

「75mm低圧砲」は砲身を分解可能。

f:id:otaku4160:20200629001529j:plain
f:id:otaku4160:20200629001526j:plain

膝と脛部の「アルムブラスト」も差し替えで対応でき、「リフティングウィンチ」は両肩の射出部(私の個体は右側が固着して開くのに苦労した)を展開しパーツを差し込んで再現可能。
リードは針金が入っており自由に表情付けが出来ます。

f:id:otaku4160:20200629001459j:plain

関節の引き出し機構などもあって膝立ち可能。

f:id:otaku4160:20200629001533j:plain

「アルムブラスト」と「リフティングウィンチ」を駆使した劇中の壁登りシーンを再現。
尻のところにアクションスタンド用の保持穴有り。

f:id:otaku4160:20200629001354j:plain

走る時も上半身は前傾姿勢にならないのでポージングが難しい…。

f:id:otaku4160:20200629001359j:plain

劇中TA同士の派手な戦闘シーンも少ないのよね…。

f:id:otaku4160:20200629001404j:plain

最後にOPで印象的なカットを再現。
この為だけにサムズアップハンドが付属するのが心憎い!。

ちなみに先のイベントでは「イシュタル」や「震電」を差し置いて何故か「骨嵬」が参考出品されていたけど恐らく魂ウェブ限定だろうね。
けど「骨嵬」と戦闘シーンがあるのは「イシュタル」な訳だし、そっちも立体化してくれないかなぁ…。