いまここにあるもの

カメラ・自転車・アニメ・映画好きのオタクが管理する闇鍋ブログです。調子が悪いと文章が破綻します。旧ブログはこちらに移管しました→https://otaku4160.hatenablog.com

2019年夏終了アニメあれこれ。

今期終了作だと『さらざんまい』『からくりサーカス』『続・終物語』『異世界かるてっと』『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON』『世話やきキツネの仙狐さん』『盾の勇者の成り上がり』『ぼくたちは勉強ができない』『進撃の巨人 Season 3』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』『ワンパンマン』くらいしか見ていなかった私です。
まぁ終了と言いつつ、ほとんど来期確定だったりシリーズ物で話が続いてるから終わった感じがしないんだけどね…。

f:id:otaku4160:20190704235529j:plain

個人的に一番満足度が高かったのは話の起承転結が確りしていて映像面のクオリティも高かった幾原監督の『さらざんまい』。
緻密に再現された合羽橋界隈の風景とか、人間臭い登場人物の愛憎入り乱れるエピソードとか、頭のネジが2~3本飛んだアニメだから出来る演出手法だとか、一見するとめちゃくちゃ奇を衒っているんだけど実はもの凄く真摯に「人と人の繋がり」を描いた青春ドラマで本当に面白かった。
奇才・幾原邦彦の特色がいかんなく発揮された予測不能な展開はオリジナル作品ならではだし、キャラクターへの愛情の深さとか話の盛り上がりなんかも確りと計算されていて人気原作に乗っかって片手間に作っている作品も少しはこの姿勢を見習ってほしいものだ。

f:id:otaku4160:20190704235306j:plain

初回1時間や貴重な2クール放送など優遇されていて驚いたのが『盾の勇者の成り上がり』。
チートを使ってヌルゲーな有象無象の凡作異世界転生ラノベに比べ主人公がいろいろ苦労している分、好感が持てたんだけど、槍の勇者のバカさ加減とその取り巻き連中のクズっぷりは本当に胸糞で、破綻した理論で人を貶めたり批判してくる姿はどっかの国を見ているようで気分の良いものではなかった。
現実世界でも昔は「魔女裁判」とかそういう不条理がまかり通っていたんだけど、文明社会から召喚された勇者連中が何の疑問も抱かないバカばっかりなのは納得が行かず、一本調子で主人公ヘイトが続く展開ももう少し工夫してヘイトできなかったのかと思わずにはいられない。

獣人を虐待していた領主とか、正義を語り悪行を重ねた枢機卿とか、もっと気持ちよく殺して倒してくれないとスカッと出来ないし、アニメとしては丁寧に作っていたんだけど、とにかくフラストレーションが溜まる作品でした。

f:id:otaku4160:20190705001325j:plain

打って変わって現実社会での疲れを癒す事に特化していたのが『世話やきキツネの仙狐さん』。
とは言いつつ『SHIROBAKO』の茶沢(中の人的に)ばりに無能な同僚とか、ブラック気味な勤め先など現実に引き戻される要素が多すぎるのは如何なものか?、と思ったり思わなかったり…。
800歳オーバーの合法ロリ狐娘に甘やかされるという、極論ただそれだけの話なので批評も何もないのですが、仙狐さんにあれだけ諭されても会社を休んだり辞める事ができない中野の姿が日本の闇の深さを物語っているようで癒されるどころか複雑な気持ちにさせられました。

たぶん外国人が見たら理解できないだろうなぁ…。